実績多数!交通事故問題に詳しい法律事務所 南法律特許事務所

交通事故・後遺障害の被害者相談

03-3294-0611
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 事務所の特徴
  • 料金表
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 耳の後遺障害について

耳の後遺障害

minami_0920021.jpg    ここでは交通事故によって引き起こされる耳の後遺障害についてご説明します。


耳の後遺障害の種類

耳の後遺障害には大きく分けて、以下の3つがあります。

(1) 欠損障害

 耳介の大部分を失ったことに関する後遺障害です。(耳介の軟骨部の2分の1以上を失った場合)

(2) 機能障害

 聴力を喪失、低下したことに関する後遺障害です。

(3) その他

 耳鳴と耳漏。これらの 2つはいずれも難聴を伴います。30dB 以上の難聴を伴わないものは後遺障害の対象とはなりません。


耳の後遺障害の認定基準

(1) 欠損障害

等級 認定基準

12  4

1 耳の耳殻の大部分を欠損したもの



(2) 機能障害

等級 認定基準

4 3

両耳の聴力を全く失ったもの

6 3

両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

6 4

耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

7 2

両耳聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの

7 3

耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

9 7

両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの

9 8

耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの

10 5

 

両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの

11 5

両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの



■1耳の聴力に関するもの
等級 認定基準

9 9

1 耳の聴力を全く失ったもの

10 6

1 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

11 6

1 耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの

14 3

1 耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの


(3)耳鳴り・耳漏

等級 認定基準

12 級相当

30dB 以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの30dB 以上の難聴で、常時耳漏を残すもの

14 級相当

30dB 以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの。30dB 以場の難聴で、耳漏を残すもの



耳の後遺障害の等級認定のポイント

聴力障害の等級は、純音聴力検査(オージオメーター)と語音聴力検査(スピーチオージオメーター)の測定結果を基礎に、両耳では 6 段階、片耳では 4 段階の等級が設定されています。

両耳の聴力障害については、障害等級表の両耳の聴力障害で認定、片耳ごとの等級による併合の扱いは行いません。 通常、耳鼻科の診療は外耳・中耳・内耳炎の治療等が中心ですので、頭部外傷を原因とする聴覚神経の損傷は、脳神経外科や神経内科と言えます。

したがって、耳鼻科だけを受診してもこれらの障害の発見は困難ですし、因果関係の立証も同様です。神経耳鼻科を受診する必要があります。 お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


目の後遺障害

 目の後遺障害についてはこちら




交通事故についてもっとお知りになりたい方はこちら

交通事故の損害賠償     
交通事故問題解決の流れ
死亡事故の損害賠償請求 目・耳の後遺障害
後遺障害とは 高次脳機能障害
むちうちについて 保険会社は被害者の味方?



ImgTop18.jpg
事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセス



あなたの交通事故にまつわるトラブル、弁護士に相談 してください。

minamisensei1.1.PNG

  【ケース①】ついさっき事故に遭いました。何からしたら良いですか?⇒弁護士は事故現場の状況やあなたや、ご家族、ご友人の受傷状況のヒアリングから、事故後すぐに起こり得る留意すべきリスクについてお伝えします
  【ケース②】事故から数日経ち、保険会社が示談を要求してきました。応じてかまいませんか?⇒答えはNoです。あなたにとってより有利な条件があります。代理交渉が唯一法的に認められている弁護士にご相談ください。
  【ケース③】保険会社に治療費の打切りを宣告され治療を続けられません。⇒弁護士が交渉します。すぐに当面のお金を得る方法もあります
      

  交通事故というのは,被害者にとっては,一生に何回もあるものではありません。
 
  被害者の方は,まずは怪我の治療に専念することになるでしょうが,その後,相手方保険会社との折衝が
  待ち構えています。
しかし,被害者の方は,交通事故の経験自体,初めての方が多く,損害賠償といっても何が
  何だか分からないという方が殆どだと思います。しかし,相手の保険会社の担当者は,何百件,何千件と担当してい
 る交渉のプロといえます。 しかも,保険会社が,誠実に対応してくれるとはかぎりません。
 
    従って,被害者の方も,交通事故の損害賠償に精通し,かつ交渉のプロである弁護士に依頼
 することが望ましいといえます。
 
    当事務所では,最初のご相談の段階から,交通事故の賠償問題について,ご相談者が納得いくよう,ていねいに
  ご説明をしています。そして,受任後は,依頼者が安心して治療に専念できるよう,依頼者との連絡を密にしながら
   加害者との交渉をいたします。
 
   また,症状固定後の後遺障害認定についても,最大限の成果が得られるよう私どもの経験をご提供いたします。